投稿者「yamaryou」のアーカイブ

5/10スカウト隊オンライン班長会議

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、スカウト活動は3月以降自粛中です。

指導者やベンチャースカウト隊のスカウトたちはインターネットオンライン会議を実施していますが、中学生以下のボーイスカウト年代にもオンライン会議を実施するようになりました。
今日はオンラインで班長会議を実施しました。

進級計画や今後瀬の活動について協議して、オンライン班会議の計画を立てました。

オンライン班長会議

【中止】親子で参加!ボーイスカウト自然体験会

新型コロナウィルス感染防止のため中止することとなりました。

体験・見学は今後も随時受け付けていますのでお気軽にお問い合わせください。ボーイスカウト体験
参加申込み・お問い合わせはメールフォームをご利用頂けます

お名前 (必須)

メールアドレス (パソコンからのメールを受信できるアドレス必須)

題名

メッセージ本文

フォームを入力したら「確認」にチェックを入れて
「送信」ボタンをクリックして下さい。

確認

2/24B-P祭【団行事】

ボーイスカウト運動の創始者であるベーデン=バウエルの生誕祭を団行事で行いました。

ビーバースカウト隊、カブスカウト隊、スカウト隊ボーイ部門、スカウト隊ベンチャー部門、ローバースカウト隊、成人指導者の合計約80名が集会に集まりました。

また、2つの家族が体験活動に参加、今回新規入団の申し込みをいただきました。新しい仲間も増えてみんな歓迎しました。

開会セレモニーのあと、ビーバー隊指導者によるスカウツオウンサービス、カブスカウト隊指導者による想定スタンツに続き、各隊で目的地までのミニハイキングです。
目的地ではベンチャースカウトの進行による友情ゲームと表彰です。
B-P祭といえば寒いイメージでしたが、今年はとても暖かいB-P祭になりました。

団行事終了後は各隊ごとに隊集会を開催しました。

B-P祭 B-P祭 B-P祭 B-P祭 B-P祭 B-P祭 B-P祭 B-P祭 B-P祭 B-P祭 B-P祭 B-P祭

2/24カブスカウト隊環境プログラム

世界スカウト環境プログラム(WSEP)

ボーイスカウト日本連盟は、第38回世界スカウト会議の決議(No.22/08)に基づき、世界環境保護バッジ(通称パンダバッジ)に代わり、世界スカウト環境バッジを導入することといたしました。
スカウト(カブスカウト以上)を対象とする世界スカウト環境バッジは、WOSM推奨の環境プログラムを5つ履修するか、該当するチャレンジ章や技能章の細目を履修した後、各団・地区・県連盟が計画し実施する環境プロジェクト、あるいは日本連盟が主催する環境に関するプロジェクトに参加することで取得できます。

今日のカブスカウト隊集会では、団で企画した巣箱づくりと設置を行いました。
組ごとに3つの巣箱がうまく設置できました。
カブスカウトカブスカウト

カブスカウトカブスカウト

カブスカウトカブスカウト

カブスカウトカブスカウト

スカウト隊冬期耐寒キャンプ

2/22~24スカウト隊冬期耐寒キャンプ

2/22~24スカウト隊冬期耐寒キャンプは野営技能向上を目指して2泊3日で実施しました。

スカウト隊ボーイ部門19名、ベンチャー部門5名の参加です。

新型コロナウイルスの感染防止は、日頃から実行している野営生活での健康・安全・衛生対策に加えて、井戸に手指用アルコール除菌剤を設置したりしましたが、いつもしている衛生管理対策とほとんどかわりません。

耐寒キャンプといいつつ深夜は気温0度まで下がったものの、日中は暖かいキャンプになりました。

スカウト隊キャンプスカウト隊キャンプ

スカウト隊キャンプスカウト隊キャンプ

スカウト隊キャンプスカウト隊冬期耐寒キャンプ

スカウト隊冬期耐寒キャンプスカウト隊冬期耐寒キャンプ

スカウト隊冬期耐寒キャンプスカウト隊冬期耐寒キャンプ

スカウト隊冬期耐寒キャンプスカウト隊冬期耐寒キャンプ

 

油山で新年初集会

1/5団行事 新年初集会

・01/05【団行事】新年初集会を実施しました。

今年は油山市民の森キャンプ場でフードフェスティバルを開催し、各隊が準備した野外料理を巡回しました。スカウト達は今年もスカウティングに励もうと決意を新たにしました。

1.日時 2020年1月5日(日)10時~14時
2.場所 油山市民の森キャンプ場
3.目的 団内各隊スカウトが集い新年を迎えて親睦を深めることにより、スカウト活動
に励むとともに上進を目指すことを認識する
4.活動概要 フードフェスティバル(各隊のアイデアで70人分の料理を提供する)
ビーバー隊 ハンバーガー
カブ隊  ピザ・ミネストローネ
スカウト隊(ボーイ部門)  お雑煮
スカウト隊(ベンチャー部門) ジュニアリーダーチーム・セレモニー運営チーム・救護チーム
5.活動内容 開会式・スカウツオウンサービス・想定発表・課題・各隊活動・フードフェスティバル・撤収・閉会式

6、参加人数
スカウト51名
隊指導者11名
団指導者9名
保護者9名
同伴幼児3名

合計83名
油山で新年初集会

油山で新年初集会油山で新年初集会

油山で新年初集会油山で新年初集会

油山で新年初集会油山で新年初集会

油山で新年初集会油山で新年初集会油山で新年初集会油山で新年初集会

スカウトキャンプ

12/27~29スカウト隊冬季キャンプ

2019年12月27日~29日スカウト隊は冬季隊キャンプを実施しました。

9月に新しい班編成となり初めての隊キャンプであり、基本的なスカウトキャンプを班長指導のもとで新入スカウトに習得してもらう計画です。
BS・VS一体化実証団スカウト隊(以下スカウト隊と称する)はボーイ部門3個班21名+ベンチャー部門14名の35名の隊です。
隊キャンプではベンチャースカウトはジュニアリーダーとして隊の運営に関わりながら、個人で計画したプログラムを展開します。
今回のキャンプではボーイ部門は基本的なスカウトキャンプの基本日課を身につけますが、今回参加したベンチャースカウト(隼スカウト5名+菊スカウト1名)は技能章の野営管理章課目に基づくスカウトキャンプの「点検と講評」を隊長の指導の下で実施しました。通常は隊長が行うキャンプの点検と講評をジュニアリーダーのベンチャースカウト自身が点検と講評を行い、隊長が優秀班を表彰するというものです。
点検と講評については野営管理章考査員でもあるベンチャー隊インストラクターがスカウトに指導し、点検項目の設定から講評のありかたまでを考査しました。

12/27
長住公民館集合、点呼、路線バスで脇山野営場へ移動、開会式、スカウツオウンサービス、ゲーム、設営開始、夕食(なんでも鍋)自炊、夜のプログラム、班会議、班長会議

12/28
起床、朝食(米飯+ミネストローネ)自炊、点検、講評、朝礼、スカウツオウンサービス、朝のゲーム、サイト改善、昼食(なべやきうどん)自炊、ハイキングと入浴、食材買いだし、夕食自炊、夜間ゲーム、班会議、班長会議

12/29
起床、朝食(米飯+味噌汁+焼き魚)自炊、点検、講評、朝礼、スカウツオウンサービス、朝のゲーム、撤営、昼食配給、閉会式、装備搬出、BSは路線バスで移動、VSはキャンプ装備を倉庫に搬入、長住公民館解散

スカウトキャンプ スカウトキャンプ スカウトキャンプ スカウトキャンプ スカウトキャンプ スカウトキャンプ スカウトキャンプ スカウトキャンプ スカウトキャンプ スカウトキャンプスカウトキャンプスカウトキャンプスカウトキャンプスカウトキャンプスカウトキャンプスカウトキャンプスカウトキャンプスカウトキャンプスカウトキャンプスカウトキャンプ スカウトキャンプ スカウトキャンプ スカウトキャンプ スカウトキャンプ スカウトキャンプ スカウトキャンプ スカウトキャンプ スカウトキャンプスカウトキャンプ

成人指導者キャンプ

12/14~15団内成人指導者親睦キャンプ

隊指導者の発案で12/14~15団内成人指導者親睦キャンプを佐賀県吉野山キャンプ場で開催しました。
急な計画となり、参加できなかった指導者もありましたが、ビーバー隊長、カブ隊副長、スカウト隊隊長、スカウト隊副長、ローバー隊長、団委員、団委員長の7名が参加しました。
今回のキャンプはスカウトがいません。アウトドアの達人たちが大人のキャンプを満喫しました。
今回のメインテーマは団委員長の意見で「イノシシ」です。2019年イノシシ年の締めくくりとなりました。
イノシシバーベキュー、イノシシ鍋、手作りピザ、燻製はチーズ、うずら、生たこなど多数のキャンプ料理を楽しみました。
成人指導者キャンプ

成人指導者キャンプ

成人指導者キャンプ

成人指導者キャンプ

成人指導者キャンプ

成人指導者キャンプ

成人指導者キャンプ

成人指導者キャンプ

成人指導者キャンプ

成人指導者キャンプ

成人指導者キャンプ

成人指導者キャンプ

成人指導者キャンプ

成人指導者キャンプ

成人指導者キャンプ