高校生年代」カテゴリーアーカイブ

団集会 油山市民の森

10/4団集会 油山市民の森

2020年10月4日(日)団集会
活動自粛が続いていましたが、7月から各隊は活動再開をはじめました。
福岡第4団は本来9月~8月の活動年度ですが、3月~8月に活動自粛で活動できなかった分、年度を延長することにななりました。
そこで、この10月に団集会を開催し、年度を3月まで延長し、引き続きスカウティングに励むことをみんなで確認しました。
菊スカウトの記章授与式、ローバー隊の15年綬、ベンチャー隊、カブ隊の25年綬、ボーイ隊の60年綬が地区コミッショナーから伝達されました。
しかし不思議なことに、カブ隊は25年どころか45年以上続いているばすなのですが(私がカブ隊に入隊したのが昭和40年代ですから)なぜか25年綬が届きました。
県連盟に問い合わせてみます。

団集会 油山市民の森 団集会 油山市民の森 団集会 油山市民の森 団集会 油山市民の森 団集会 油山市民の森 団集会 油山市民の森 団集会 油山市民の森  団集会 油山市民の森菊スカウト章記章授与団集会 油山市民の森

9/12~13福岡南地区ベンチャースカウトフォーラム

9/12~13福岡南地区ベンチャースカウトフォーラムが開催されました。
地区ベンチャーフォーラムフォーラム

今年の地区ベンチャーフォーラムは集合型ではなくZOOMにて実施されました。

9月12日 地区フォーラム 1日目
20:00~22:15
スカウト参加 福岡4団、福岡22団、大野城1団、筑紫2団 久留米10団、久留米13団、山門1団、スカウト合計23名
指導者8名+地区コミッショナー

・WEB会議のルール決め
・フォーラムの流れ
・隊フォーラム発表
・NPOについての調べ方
・WEB資料の説明と、聴講について
・隊フォーラムで決めた事は、各団隊でプログラムに入れて実行する。
・明日の地区フォーラムでは、今日の発表と、基調講演をもとに、地区としての採択を考えてくる。
・地区VSスカウトだけで議事進行を行う為、スカウト全員で議長・書記を決めた。高3スカウトの中から議長を決めた。

9月13日 地区フォーラム 2日目
スカウト参加 福岡4団、福岡22団、大野城1団、筑紫2団 久留米10団、久留米13団、山門1団、スカウト合計17名
指導者9名+地区コミッショナー

・VSスカウトのみで会議が行われた。指導者は、聴講のみ。
・全員が意欲的に発言され大変有意義なフォーラムが実施された
・まとめまで至るか心配したが、15分延長で終了
・代表スカウト3名も、自主的に立候補し、会議の流れから、全員一致で決まった。
・今後、県連盟フォーラムの報告、全国フォーラム、県での取り組み、地区での取り組み、アフターフォーラムと期待したい。

「新たな生活様式」によるキャンプファイア

8/9スカウト隊「新たな生活様式」によるキャンプファイア

8月9日(日)スカウト隊隊集会

新型コロナウイルス感染拡大防止のために3月~7月は活動自粛中でした。今日は6ヶ月ぶりの隊集会です。

BS+VSプログラム実証団としての1年間の活動も今月で終了です。

宿泊を伴う活動自粛が続く中で、やはり活動年度のしめくくりとしてキャンプファイア、班長交代、年間プログラム会議は対面で実施することになりました。

7月から班会議→班長会議→上級班長訓練→班長訓練→班集会→班の活動→ジュニアリーダー会議→隊集会というプロセスで今日の隊集会が展開されます。

そして今日の隊集会は福岡県連盟が提案する「新しい生活様式による活動ガイドライン」に基づいて展開されました。

まずはじめに7月19日に開催したリモート隊集会の表彰式です。

ジュニアアリーダーが表彰式を行い、各班の表彰と、レプリカの授与を行いました。

「新たな生活様式」によるキャンプファイア「新たな生活様式」によるキャンプファイア

「新たな生活様式」によるキャンプファイア「新たな生活様式」によるキャンプファイア

隊集会の開会式では、人と人との感覚を2メートル開けるために通常のU字形ではなくなりました。

今日の参加者はボーイスカウト部門17名、ベンチャースカウト部門8名、隊長1名、副長3名、インストラクター1名の30名です。

ボーイスカウト部門の班だけがU字形、ベンチャースカカウト部門はU字の外に縦列です。

「新たな生活様式」によるキャンプファイア「新たな生活様式」によるキャンプファイア

「新たな生活様式」によるキャンプファイア「新たな生活様式」によるキャンプファイア

「新たな生活様式」によるキャンプファイア「新たな生活様式」によるキャンプファイア

スカウツオウンサービスはボースカウトが主宰を担当しました。

スカウツオウンサービスでは全員マスク着用します。

「新たな生活様式」によるキャンプファイア「新たな生活様式」によるキャンプファイア

そしてジュニアリーダーが展開する班対抗のゲームです。

ソーシャルディスタンスを保つことを重視した「人間キムスゲーム」です。

意外と難しかったです。

「新たな生活様式」によるキャンプファイア「新たな生活様式」によるキャンプファイア

「新たな生活様式」によるキャンプファイア「新たな生活様式」によるキャンプファイア

「新たな生活様式」によるキャンプファイア

キャンプファイアは班長会議で決まった内容をもとに、ジュニアリーダーが実施計画書を作成し、役割分担してスカウト自身の手で展開されました。

ボーイ・ベンチャープログラム実証団では、いままで指導者が行っていたような実施計画書の作成、安全対策計画書の作成、備品や資材の準備、プログラムの実施展開までもベンチャースカウトで組織されたジュニアリーダーが展開します。

キャンプファイアの薪組、たいまつの製作もすべてジュニアリーダーが行いました。

ジュニアリーダーがエールマスター、ソングマスター、ファイアキーパー、誘導係、安全係、といった役割を分担しています。スカウトの着席場所の間隔はメジャーで計測してソーシャルディスタンスを確保しています。プログラム内容はガイドラインに照合して十分な検討をしました。

そして隊長の夜話です。

スカウト達は1年間の活動を振り返り、これからの決意表明を一人づつ発表しました。

尚、キャンプファイアには、福岡南地区の団担当コミッショナーに視察訪問していただき、「新しい生活様式」にもとづくキャンプファイアの実証と考察をお願いしました。

「新たな生活様式」によるキャンプファイア「新たな生活様式」によるキャンプファイア

隊集会閉会式です。

今年度の最後の隊集会も無事終えることができました。

8月末までに新たな班編成、班長選出を行い、9月以降の年間プログラムを作る会議が行われます。

「新たな生活様式」によるキャンプファイア

そして、隊集会閉会式後に、中学3年生の班長の解任式が行われました。

2/24B-P祭【団行事】

ボーイスカウト運動の創始者であるベーデン=バウエルの生誕祭を団行事で行いました。

ビーバースカウト隊、カブスカウト隊、スカウト隊ボーイ部門、スカウト隊ベンチャー部門、ローバースカウト隊、成人指導者の合計約80名が集会に集まりました。

また、2つの家族が体験活動に参加、今回新規入団の申し込みをいただきました。新しい仲間も増えてみんな歓迎しました。

開会セレモニーのあと、ビーバー隊指導者によるスカウツオウンサービス、カブスカウト隊指導者による想定スタンツに続き、各隊で目的地までのミニハイキングです。
目的地ではベンチャースカウトの進行による友情ゲームと表彰です。
B-P祭といえば寒いイメージでしたが、今年はとても暖かいB-P祭になりました。

団行事終了後は各隊ごとに隊集会を開催しました。

B-P祭 B-P祭 B-P祭 B-P祭 B-P祭 B-P祭 B-P祭 B-P祭 B-P祭 B-P祭 B-P祭 B-P祭

油山で新年初集会

1/5団行事 新年初集会

・01/05【団行事】新年初集会を実施しました。

今年は油山市民の森キャンプ場でフードフェスティバルを開催し、各隊が準備した野外料理を巡回しました。スカウト達は今年もスカウティングに励もうと決意を新たにしました。

1.日時 2020年1月5日(日)10時~14時
2.場所 油山市民の森キャンプ場
3.目的 団内各隊スカウトが集い新年を迎えて親睦を深めることにより、スカウト活動
に励むとともに上進を目指すことを認識する
4.活動概要 フードフェスティバル(各隊のアイデアで70人分の料理を提供する)
ビーバー隊 ハンバーガー
カブ隊  ピザ・ミネストローネ
スカウト隊(ボーイ部門)  お雑煮
スカウト隊(ベンチャー部門) ジュニアリーダーチーム・セレモニー運営チーム・救護チーム
5.活動内容 開会式・スカウツオウンサービス・想定発表・課題・各隊活動・フードフェスティバル・撤収・閉会式

6、参加人数
スカウト51名
隊指導者11名
団指導者9名
保護者9名
同伴幼児3名

合計83名
油山で新年初集会

油山で新年初集会油山で新年初集会

油山で新年初集会油山で新年初集会

油山で新年初集会油山で新年初集会

油山で新年初集会油山で新年初集会油山で新年初集会油山で新年初集会

スカウトキャンプ

12/27~29スカウト隊冬季キャンプ

2019年12月27日~29日スカウト隊は冬季隊キャンプを実施しました。

9月に新しい班編成となり初めての隊キャンプであり、基本的なスカウトキャンプを班長指導のもとで新入スカウトに習得してもらう計画です。
BS・VS一体化実証団スカウト隊(以下スカウト隊と称する)はボーイ部門3個班21名+ベンチャー部門14名の35名の隊です。
隊キャンプではベンチャースカウトはジュニアリーダーとして隊の運営に関わりながら、個人で計画したプログラムを展開します。
今回のキャンプではボーイ部門は基本的なスカウトキャンプの基本日課を身につけますが、今回参加したベンチャースカウト(隼スカウト5名+菊スカウト1名)は技能章の野営管理章課目に基づくスカウトキャンプの「点検と講評」を隊長の指導の下で実施しました。通常は隊長が行うキャンプの点検と講評をジュニアリーダーのベンチャースカウト自身が点検と講評を行い、隊長が優秀班を表彰するというものです。
点検と講評については野営管理章考査員でもあるベンチャー隊インストラクターがスカウトに指導し、点検項目の設定から講評のありかたまでを考査しました。

12/27
長住公民館集合、点呼、路線バスで脇山野営場へ移動、開会式、スカウツオウンサービス、ゲーム、設営開始、夕食(なんでも鍋)自炊、夜のプログラム、班会議、班長会議

12/28
起床、朝食(米飯+ミネストローネ)自炊、点検、講評、朝礼、スカウツオウンサービス、朝のゲーム、サイト改善、昼食(なべやきうどん)自炊、ハイキングと入浴、食材買いだし、夕食自炊、夜間ゲーム、班会議、班長会議

12/29
起床、朝食(米飯+味噌汁+焼き魚)自炊、点検、講評、朝礼、スカウツオウンサービス、朝のゲーム、撤営、昼食配給、閉会式、装備搬出、BSは路線バスで移動、VSはキャンプ装備を倉庫に搬入、長住公民館解散

スカウトキャンプ スカウトキャンプ スカウトキャンプ スカウトキャンプ スカウトキャンプ スカウトキャンプ スカウトキャンプ スカウトキャンプ スカウトキャンプ スカウトキャンプスカウトキャンプスカウトキャンプスカウトキャンプスカウトキャンプスカウトキャンプスカウトキャンプスカウトキャンプスカウトキャンプスカウトキャンプスカウトキャンプ スカウトキャンプ スカウトキャンプ スカウトキャンプ スカウトキャンプ スカウトキャンプ スカウトキャンプ スカウトキャンプ スカウトキャンプスカウトキャンプ

10/14スカウト隊 隊集会 デイキャンプ

スカウト隊は冬のキャンプにむけての訓練がスタート。
今日は日帰りデイキャンプで、立ちカマド製作を含む野外炊事です。
班長とジュニアリーダーは前日から宿泊して準備をしました。
ジュニアリーダーによる野外ゲームは、ラグビーワールドカップにちなんだ班対抗ゲームが大好評。


10/6スカウト隊 隊集会 ハイキング

ボーイ・ベンチャー一体化実証団としての活動は、団内で便宜上「スカウト隊」と称しています。
来年8月までの1年間、実証活動を通じてその結果と評価を日本連盟に報告する重要な役務を担っています。
スカウト隊はボーイ部門21名、ベンチャー部門14名の合計35名の隊です。
今日は日帰りハイキングです。隊長から与えられた想定と課題により油山市民の森まで班びとに出発です。
スカウト隊の隊活動はジュニアリーダーが中心となって運営します。