小学6年~中学3年」カテゴリーアーカイブ

ボーイスカウト隊キャンプ

12/26~28スカウト隊冬季キャンプ

2020年12月26日~28日スカウト隊冬季キャンプ+カブスカウト隊くまスカウトのキャンプ体験

12月26日~28日スカウト隊は佐賀県の金立教育キャンプ場で2泊3日の冬季キャンプを実施しました。スカウトキャンプでは他の班から見えない場所に3つの班が独立したキャンプサイトを持ち自分たちで炊事をし自分たちで自活します。今回のキャンプ場は教育キャンプ場とはいえ、完全に独立したサイトではなく、1つの大きなサイトを班毎に区画しての運用でした。今年は新型コロナウイルス感染拡大防止のために活動自粛が続きキャンプができる機会がとても少なかったので、冬季キャンプが上手くいくのだろうかと心配していましたが、11月の秋季キャンプの成果があったのかどの班もキャンプスキルと班の協力が向上していたようで安心しました。

金立教育キャンプ場を利用するときはいつもはキャンプ場まで路線バスと徒歩で移動しますが、今年は感染症拡大防止の意味で貸切バスを利用しました。全員マスク着用、会話厳禁の移動となりました。

ボーイスカウト隊キャンプボーイスカウト隊キャンプボーイスカウト隊キャンプボーイスカウト隊キャンプ

バスを下車してキャンプ場まで約1キロ、リュックサックを担いで徒歩で向かいます。キャンプ場に到着したら、開会式、スカウツオウンサービス、そして設営です。真冬の冷たい風が吹く中でしたが、天気はとてもよかったです。

ボーイスカウト隊キャンプボーイスカウト隊キャンプ

今日の夕飯は鍋焼きうどんです。炊事は「新しい生活様式に基づくスカウト活動ガイドライン」を遵守して感染対策の上、班ごとに炊事を行います。

ボーイスカウト隊キャンプボーイスカウト隊キャンプ ボーイスカウト隊キャンプボーイスカウト隊キャンプ

今夜はカブスカウト隊の小学5年生であるくまスカウトがキャンプファイアに参加します。くまスカウトも実は隣のサイトでキャンプをしています。

カブスカウト隊ではくまスカウトのキャンプについて今年はどう対応するか検討しました。本来カブスカウトのテント泊はありません。テント泊するのであれば十分な成人の支援の確保が必要です。また今は新型コロナの影響で、テント泊は個人テントが原則となっていて、小学校5年生をソロテントに宿泊させてよいものかといった議論もありました。検討の結果、今回は個人テント(ソロテント)で実施することにしました。くまスカウト5名に対し、カブ隊指導者、デンリーダー、奉仕の保護者が延べ8名同行し、団委員長もすぐ近くに待機して実施しました。スカウト達は1泊2日みんな元気で無事に実施できてよかったです。

ボーイスカウト隊キャンプボーイスカウト隊キャンプボーイスカウト隊キャンプ ボーイスカウト隊キャンプ

スカウトキャンプの朝は早いです。今朝は午前5時ごろから薪を割る音が聞こえてきました。起床時刻は決まっていません。各班の班長が自分の班の起床時刻を決めています。但し、朝の点検時刻は毎朝8時と決まっています。炊事をし、朝食をとり、後片付けと火の始末をしてテント類や個人装備の乾燥作業をします。班毎に制服に着替えて整列し、隊長の点検を待ちます。

ボーイスカウト隊キャンプ ボーイスカウト隊キャンプ

点検講評、朝礼、スカウツオウンにくまスカウトが合流しました。そしてくまスカウトのためのボーイスカウト隊体験活動がじまります。今回は想定と課題に基づくハイキングです。宝の箱のカギを探すハイキングは意外とおもしろいプログラムでした。雨の予報でしたがハイキング中の天気もよくてよかったです。

ボーイスカウト隊キャンプ ボーイスカウト隊キャンプ ボーイスカウト隊キャンプ ボーイスカウト隊キャンプ ボーイスカウト隊キャンプ ボーイスカウト隊キャンプ

3日目の朝の点検では、前日よりもスカウトの進歩が実感できます。スカウト達の姿勢、笑顔、サイトの改善などから日々の進歩が伺えます。立ちカマドのほかに、今朝は食器棚や水置き場が完成していました。日々の生活テーマに基づく生活目標を班毎に立てて野営生活は続きます。

ボーイスカウト隊キャンプボーイスカウト隊キャンプボーイスカウト隊キャンプボーイスカウト隊キャンプボーイスカウト隊キャンプボーイスカウト隊キャンプボーイスカウト隊キャンプボーイスカウト隊キャンプボーイスカウト隊キャンプボーイスカウト隊キャンプ

早く新型ころなウイルスが終熄して、いつものようにA型テントが3張並ぶキャンプサイトを設営できるようになることを祈っています。

11/21~23BS隊秋季キャンプ

BS隊キャンプ

BS隊秋季キャンプは佐賀県の吉野山キャンプ場で行いました。

団委員長が同行できなかったので写真がほぼありません。とても残念です。

次回12月の冬季キャンプは同行しますので、たくさん画像をアップしたいと思います。

10/18BS隊集会 魚釣りと魚調理

10/18BS隊集会 魚釣りと魚調理

今年は新型コロナウイルス感染拡大防止のための活動ガイドラインを遵守中につき、いままでのように隊活動で列車移動や路線バス移動ができません。
以前は路線バスや鉄道、船舶を乗り継いで県外まで魚釣りに出かけたりしたのですが、今回は苦肉の策で福岡市海釣り公園さんの団体無料送迎バスを利用することになりました。
朝6時30分に長住公民館に集合してセレモニーを行い活動着に着替えて出発です。
ライフジャケットの着用や釣りのマナーなどは班集会で訓練済みです。
この日は福岡第4団もふくめてボーイスカウト活動の予約が3個隊入っていました。

さて、釣りの活動のあとは送迎バスで脇山野営場に行きました。
釣りの成果ですが3個班のうち最も多く釣った班はなんと62尾でしたが、最も少なかった班はふぐ2尾を含む合計4尾でした。
班長会議で最も多く釣った班の魚を他の班と分け合うこととなりいよいよ調理です。
班別に野外キッチンを設営して自分たちで釣った魚をおいしく頂きました。

魚釣りプログラム魚釣りプログラム

魚釣りプログラム魚釣りプログラム

魚釣りプログラム魚釣りプログラム

魚釣りプログラム魚釣りプログラム

魚釣りプログラム魚釣りプログラム魚釣りプログラム魚釣りプログラム魚釣りプログラム魚釣りプログラム魚釣りプログラム魚釣りプログラム

魚釣りプログラム魚釣りプログラム

団集会 油山市民の森

10/4団集会 油山市民の森

2020年10月4日(日)団集会
活動自粛が続いていましたが、7月から各隊は活動再開をはじめました。
福岡第4団は本来9月~8月の活動年度ですが、3月~8月に活動自粛で活動できなかった分、年度を延長することにななりました。
そこで、この10月に団集会を開催し、年度を3月まで延長し、引き続きスカウティングに励むことをみんなで確認しました。
菊スカウトの記章授与式、ローバー隊の15年綬、ベンチャー隊、カブ隊の25年綬、ボーイ隊の60年綬が地区コミッショナーから伝達されました。
しかし不思議なことに、カブ隊は25年どころか45年以上続いているばすなのですが(私がカブ隊に入隊したのが昭和40年代ですから)なぜか25年綬が届きました。
県連盟に問い合わせてみます。

団集会 油山市民の森 団集会 油山市民の森 団集会 油山市民の森 団集会 油山市民の森 団集会 油山市民の森 団集会 油山市民の森 団集会 油山市民の森  団集会 油山市民の森菊スカウト章記章授与団集会 油山市民の森

ボーイスカウト隊集会

9/26BS特別隊集会

2020年9月26日(土)ボーイスカウスト隊特別隊集会

新しい班がスタートしてはじめての特別隊集会です。
朝から班会議、班長会議を経て特別隊集会が行われました。
3個班の班呼もきまったようです。これからま活動が楽しみです。

ボーイスカウト隊集会ボーイスカウト隊集会ボーイスカウト隊集会ボーイスカウト隊集会ボーイスカウト隊集会ボーイスカウト隊集会ボーイスカウト隊集会ボーイスカウト隊集会

9/12~13BS隊班長訓練キャンプ

3月から8月まで感染症拡大防止のために隊活動が自粛となっていましたが、ボーイスカウト隊は日本連盟のBSVS一体化プログラム検証実証隊としての成果をあげるためにも新たな生活様式によるスカウト活動ガイドラインに従って7月より活動を再開していました。そして今日は9月の班編成で新たな班長が誕生し、3個班による班長訓練キャンプを行いました。
班長経験がない班長を立派な班長になるよう隊長が訓練を計画し、ベンチャースカウトで組織したジュニアリーダーチームが訓練を施します。
新しい生活様式によるスカウトキャンプでは個人テントを使用することになっています。当分はA型テントを使う機会はなくなるようです。
秋までには班長が班員をキャンプに連れて行けるようになってほしいです。

班長訓練キャンプ

班長訓練キャンプ

班長訓練キャンプ

班長訓練キャンプ

班長訓練キャンプ

班長訓練キャンプ

班長訓練キャンプ

班長訓練キャンプ

「新たな生活様式」によるキャンプファイア

8/9スカウト隊「新たな生活様式」によるキャンプファイア

8月9日(日)スカウト隊隊集会

新型コロナウイルス感染拡大防止のために3月~7月は活動自粛中でした。今日は6ヶ月ぶりの隊集会です。

BS+VSプログラム実証団としての1年間の活動も今月で終了です。

宿泊を伴う活動自粛が続く中で、やはり活動年度のしめくくりとしてキャンプファイア、班長交代、年間プログラム会議は対面で実施することになりました。

7月から班会議→班長会議→上級班長訓練→班長訓練→班集会→班の活動→ジュニアリーダー会議→隊集会というプロセスで今日の隊集会が展開されます。

そして今日の隊集会は福岡県連盟が提案する「新しい生活様式による活動ガイドライン」に基づいて展開されました。

まずはじめに7月19日に開催したリモート隊集会の表彰式です。

ジュニアアリーダーが表彰式を行い、各班の表彰と、レプリカの授与を行いました。

「新たな生活様式」によるキャンプファイア「新たな生活様式」によるキャンプファイア

「新たな生活様式」によるキャンプファイア「新たな生活様式」によるキャンプファイア

隊集会の開会式では、人と人との感覚を2メートル開けるために通常のU字形ではなくなりました。

今日の参加者はボーイスカウト部門17名、ベンチャースカウト部門8名、隊長1名、副長3名、インストラクター1名の30名です。

ボーイスカウト部門の班だけがU字形、ベンチャースカカウト部門はU字の外に縦列です。

「新たな生活様式」によるキャンプファイア「新たな生活様式」によるキャンプファイア

「新たな生活様式」によるキャンプファイア「新たな生活様式」によるキャンプファイア

「新たな生活様式」によるキャンプファイア「新たな生活様式」によるキャンプファイア

スカウツオウンサービスはボースカウトが主宰を担当しました。

スカウツオウンサービスでは全員マスク着用します。

「新たな生活様式」によるキャンプファイア「新たな生活様式」によるキャンプファイア

そしてジュニアリーダーが展開する班対抗のゲームです。

ソーシャルディスタンスを保つことを重視した「人間キムスゲーム」です。

意外と難しかったです。

「新たな生活様式」によるキャンプファイア「新たな生活様式」によるキャンプファイア

「新たな生活様式」によるキャンプファイア「新たな生活様式」によるキャンプファイア

「新たな生活様式」によるキャンプファイア

キャンプファイアは班長会議で決まった内容をもとに、ジュニアリーダーが実施計画書を作成し、役割分担してスカウト自身の手で展開されました。

ボーイ・ベンチャープログラム実証団では、いままで指導者が行っていたような実施計画書の作成、安全対策計画書の作成、備品や資材の準備、プログラムの実施展開までもベンチャースカウトで組織されたジュニアリーダーが展開します。

キャンプファイアの薪組、たいまつの製作もすべてジュニアリーダーが行いました。

ジュニアリーダーがエールマスター、ソングマスター、ファイアキーパー、誘導係、安全係、といった役割を分担しています。スカウトの着席場所の間隔はメジャーで計測してソーシャルディスタンスを確保しています。プログラム内容はガイドラインに照合して十分な検討をしました。

そして隊長の夜話です。

スカウト達は1年間の活動を振り返り、これからの決意表明を一人づつ発表しました。

尚、キャンプファイアには、福岡南地区の団担当コミッショナーに視察訪問していただき、「新しい生活様式」にもとづくキャンプファイアの実証と考察をお願いしました。

「新たな生活様式」によるキャンプファイア「新たな生活様式」によるキャンプファイア

隊集会閉会式です。

今年度の最後の隊集会も無事終えることができました。

8月末までに新たな班編成、班長選出を行い、9月以降の年間プログラムを作る会議が行われます。

「新たな生活様式」によるキャンプファイア

そして、隊集会閉会式後に、中学3年生の班長の解任式が行われました。

BS保護者会

7/26BS保護者会

ボーイスカウト部門では新たな生活様式によるスカウト活動についての保護者会を開催しました。

日本連盟、県連盟の方針と県連盟が発表した「新たな生活様式によるスカウト活動ガイドライン」について隊長から説明がありました。

当分間は感染拡大防止のために従来の8人用A型テントによるテント泊は行わず、個人テントを使用します。

一人用テントの性能や選び方などの説明もありました。

BS保護者会BS保護者会

7/26「新たな生活様式」によるBS隊班長会議

3月以降は新型コロナウイルス感染防止りため、オンラインによるリモート班長会議をおこなってきましたが、今日からいよいよ集会の再開がはじまりました。

日本連盟、福岡県連盟の方針に基づき、感染対策を実施しながらの活動です。

8月の隊集会が楽しみです。

新しい生活様式班長会議新しい生活様式班長会議